2017年04月16日

書いてないことがいっぱいある。行って見たかった伴天連寺

絶対きてみたかった。伴天連寺、昔はそう呼ばれていたそうです。
国宝、大浦天主堂です。
IMG_7938.JPG
外国の観光客の喧騒の中。近くで話してるのにキーが高い。

あ、首も痒い。

長崎湾の南方丘の中腹に、外観コンクリート造りの建物が立っていて、あ、鉄筋コンクリートかもしれません?点検ハンマーを忘れて。

とにかく、あの長崎の原爆に耐えたことは、間違いありません。

グラバー邸を堪能して、その横道を抜けたら全貌が明らかになりました。
教会入り口中央にマリア像。
しばらく間、見惚れました。

ふと左を見た瞬間、唖然、呆然虹の教会・・


IMG_7940.JPG
柱の配置、湾曲した天井の三角形のフレーム形状が、制震構造となって原爆の水平力に耐えたのでないかしら!?素晴らしい構造の美です。

それにしても、この美しさは一体どう表現したら・・
ステンドから射す光、木々の揺らぎ、時間、あらゆる要件が一つ一つのパーツに虹色の変化を与え続けるのです。

あ〜来てよかった。
行かないと絶対手に入れられない宝物です。
IMG_8782.JPG
僕が長崎に行きたいと思ったのは、学校をやめて18の頃、この本を読んでからです。

この本を読んだから、長崎に行くことが出来、キクの一生をなぞる旅ができました。


読みたくない人は、読まないでください。少し紹介します。
知ってる人も多いでしょうから・・


キク うちは…ほんとに清吉さんば好いとった。
ばってん、あんたと違ごうて、うちん体は汚れに汚れきってしもうた…

聖母 いいえ、あなたは少しも汚れていません。
あなたが他の男たちに体を与えたとしても、それは一人の人のためだったのです。
その時のあなたの悲しみと、辛さとが…すべてを清らかにしたのです。
あなたは少しも汚れていません。
あなたは私の子と同じように愛のためにこの世に生きたのです。

そしてキクは聖母に抱かれて死んで生きます。


これは原爆が投下される前からある、マリア像と呼ばれています。


IMG_8780.JPG   
よーしまた行くぞー!!
長崎行くぞー!明日も仕事だー!!
posted by プランニングAI at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2017年02月20日

さ、仕事やんどー!おはようございます!僕です!!

先ずは〜写真見繕って〜と(笑)
IMG_4700.JPG

はい〜おはようございま〜す!!
月曜の朝は色々ミーティングもやるんですけどね、今日何すんの?とか小工事何件取れたの〜うわ〜すげ〜って感じです。
月曜の朝っぱらから深いのやっちゃダメですね経験じょー
IMG_8118.JPG
僕は、守ったら、死ぬーー。と思ってるからどんなに、お客様がいないときでも、攻めるのが好き、落ち着くから♡それでお芋訪問してまーす。

会議も終わりまして、さあ行くぞーって、まっつぁん
IMG_7978.JPG
足踏んでるし!!


あ、展示会やりまーす。
1 (14).jpg

これ仮の写真でーす。

公開のお知らせです。
近々、m(_ _)m。
posted by プランニングAI at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2017年01月04日

一泊二日で温泉に来ています。

しばらく温泉なんて来てなかったけど、温泉でも行ってゆっくりしようか、そんな話しになって、いきなりですが定山渓温泉に来ています。
B2410584-FEED-4917-B1B0-EFC0F47A9BA5.jpg
ほんとに長く来てなかったので様変わりした定山渓にびっくりです。
僕の知ってる定山渓は、この川向こうがメインでした。分かりづらいと思いますが左側の橋から入っていきます。

いまは空き地になったお土産やさんがあって、反対側には大人の社交場(笑)
頰被りして入ったもんです。

堪能させていただきました。まず、あっつーいピリピリのお風呂に頑張って3分入ります。次は中間ぐらいの熱さのお風呂、少し長めに入って、あとはぬるい露天で長時間、汗だーだーです。
IMG_7577.JPG

時おり、頭をよぎる仕事のこととか、あっちに押しやってただただ呼吸に集中して〜、水飲みながら、こんなことを一日やってました〜。

また来たいなー、と思いながら着替えをしてたら、あ あ 足がつったー!!!
posted by プランニングAI at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2016年09月21日

風邪には食べ物より水分と聞きました。

皆さん風邪には水分です。
ビールを買って来てって言ったら発泡酒〜。
IMG_6114.JPG
ちくしょー
風邪の時はアサヒエクストラシャープでしょー
態度悪いと取り上げられるから飲んでます。

サングラスは少しグレたイメージの表現へへ、発泡酒・・・!
サウナに行ってやる!

あ、サウナに行くって言ってみます。
少し強めに、

言いたいことは、
明日までに治します。


posted by プランニングAI at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2016年07月30日

南に大きな窓をつけない方がいいという理由と子供でも親でもなく、ご自身たちに絞った家づくりをした方がいいという理由について

ツイッターで続きを読みたいという方がいましたのでイッパイいたわけではないのですが、まず南に大きな窓をつけてない事例です
IMG_5260.JPG

これは市街地中心部に立っている建物の南側の壁面です暗く感じますでしょうか、
IMG_5286.JPG

これは対面の壁、普通に明るいです。
南を除く壁から少しずつ明かりを取り入れているので明るくなります。
中心部ですので素晴らしいロケーションが期待できないのでこのようにしました。
その分四方に小さな窓を設けて全方向から明かりを取り入れる工夫をしています。
IMG_5144.JPG


例えばこんな感じです
IMG_5264.JPG
そうすると家全体がいい感じで明るくなります。
なぜこれをするかと言いますと南に窓を設けると、どんなに性能のいい窓でも夏が暑いんです
冬は日照時間が短いのでいくら南に窓を設けても夜の方が長いので寒んです
こうすると夏は涼しく冬は暖かい家が出来ます

これは市街地の例ですが、だいたい僕の経験によれば目から鱗で喜ばれます。
素晴らしいロケーションが見込める場合は、また違ってきますし、違う考え方を持った人もいると思いますので、あくまでも他を否定するものではありません。

次回はご夫婦に絞った家づくり大事について書きます

posted by プランニングAI at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2016年02月10日

ショック!!!

時計が壊れた(T_T)
ゼンマイが切れた

みーんなは、日常通り(−−〆)


時計が壊れた.jpg

どうして?

わかんなーい?
posted by プランニングAI at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2016年01月20日

建物放浪記第一弾 最終話

写真 2016-01-20 15 58 58.jpg

デザイナー 浦崎 修

もっと日本の伝統文化を取り入れたデザインが
あっても良いはずだ!
と思い、全国の古くは数百年以前の建物から
昭和初期くらいの建物を中心に和洋を問わず数千件観て回りました。

そこにあったものは、素晴らしい技術とデザインの宝庫だったのです。

約100年前、都市近郊にそれまでに無い家が建ち始めます。
和住宅に洋のデザインが取り入れられた、いわゆる
「ハイカラな家」「瀟洒な家」
などと呼ばれていました。

数十年後、それが和洋折衷住宅と呼ばれるようになったのですが、
そんな和洋折衷住宅も、今では殆ど無くなってしまいました。

近代のある時期からドイツのバウハウスデザインが、和住宅などのデザインを参考に取り入れ
新しいデザインを生み出し始めます。

それが「シンプルモダン」という言葉で表わされる現代日本の代表的な住宅デザインです。

私は、日本家屋の素晴らしさを知って貰いたいと思い、洋館仕立ての日本の家を発表しました。
それが「ヴィンテージホーム」です。

見たい方はポチットしてね(^^) 



写真 永井泰史 ギター,楽曲 金森浩太「つみき」


追記・・・建物放浪記第二弾は長崎からはじまります。
posted by プランニングAI at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2016年01月07日

心機一転

新年明けましておめでとうございます。




写真 2016-01-07 9 44 43.jpg


写真 2016-01-07 9 42 48.jpg



2016年1月7日より営業を開始いたしました。
まずは皆様のお力添えにより、創業7周年を無事に迎えられたことを心より、お礼申し上げます。

今年は今まで支えてくださいました、お客様、業者様、お付き合いして頂いている全ての皆様に対して「恩返しの年」と思っております。

新しくお客様になっていただく方も含め、常に笑顔で楽しく真剣に、お客様と接していこうと考えています。

本年もプランニング・アイを宜しく、お願い致します。
posted by プランニングAI at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年12月17日

会社はマイナンバー制度、関係ないって、言ってられない!

皆さんこんにちは、今日も元気で仕事中です(^^)

昨日のバグり事件で気づきました 本来ビビリの私しですが
社員に情報の共有ということでスマホを持ってもらってます
危険なことです

また外観上、弊社の社員(ぱっと見)とおぼしき者が
何か誰かに個人情報含む、損害を与えた場合、その責任は本人はもとよりその法人が負う(民法の規定)例外はあります。
を考えますと「ゾッ!」
お取引業者様にも再度お願いしなければなりません

IMG_0570.JPG

早速、いつもお世話になっております
弊社開設以来のリコー様に来ていただいて、セキリュティーの再強化
自動 バックアップ、システムの打ち合わせです

何か起こる前に調子の悪いパソコンは
全部入れ替え・・・・(−−;

当然お金が(ー;

でも大事なことですので直ぐやります!!
posted by プランニングAI at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年12月14日

北海道らしく

私たちは、その現場から離れるとき
さよならが悲しくなるものなのです


今日は、家君をオーナー様の杉本ご夫妻に
お引渡しにまいりました。

家君今日で毎日はこれなくなるよ
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
うんでもね、家君の具合が悪くなったり
3ヶ月に一回ぐらいになるけど体を診に来るからね
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
(;;)でもね杉本さんは、前の家君を見つけて
家君を治してくださいって言ってきた人なんだよ
じゃあ、紹介するね

1.jpg

こちらが杉本様ご夫妻です。
手前左側は弊社、担当松橋さんです
今回、ご氏名を頂き、家君のヴィンテージリノベーションの
ご依頼ご夫妻御協力もと無事完成引渡しとなりました

家君、杉本さんご夫妻だよ
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
そうだよ優しい人たちだよ 家君もこれからずっと守ってあげてね
ちょっと待っててねこれから少しだけ前の家君と今の家君を
お見せするからね

薄暗くかなりのダメージを受けていました

2.JPG

横に長〜い使いずらいキッチン

3.JPG



開放して横の8畳と一体化させ広い道線を確保しました
サーキュレーション設計です(グルグル回れます)

4.JPG

5.JPG


大きなダイニング、リビング 木を、ふんだんに使う有機的なエコ仕上げ

6.jpg
じゃあね家君
「・・・・・・・・・・・・・」
僕もだよ(TT)
業者ですがその現場から離れるときは悲しくなるものなのです

最後に監修の私が登場




















7.jpg

出幅でかいし
ぶれてるし


家君さようなら〜 
気持ちを切り替えて、東川グリーン ビレッジ、新築ヴィンテージ ホーム

まえへ!
posted by プランニングAI at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年12月12日

建物放浪記〜番外編〜

建ヲタにも急用はあります
今日は家君のところに
行けませんでした



建物放浪記〜番外編〜



トルルルルルル・・・トルルルルルル

もしもし 家君?今日急用で行けなくなったんだ

「・・・・・・・・・」

そうなんだよ、月曜日は必ず行くから

「・・・・・・・・・・」

ごめんね家君 じゃあ月曜日に
間違いなく行くから 





以前、建物放浪記Aで宇宙に行っていた母が無事 帰ってきたと
電話で兄貴から連絡が入り、実家に飛んで帰りました

意外と元気そう 真ん中が母です 
宇宙は本当にいいところだと話しながら
もりもり食べてます・・・でも なんか斜め

1.JPG



休もうと月窓亭に


2.JPG


3.JPG



中二階で昼寝、気持ちよく寝ていたら
兄貴から電話が
「母ちゃんがいなくなった皆で探すぞ」
やっぱり脳か〜!?



どこにもいません・・・・気になるところが

























4.JPG



宇宙に行ってみたら









5.JPG

いました






by osamu urasaki
posted by プランニングAI at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年12月11日

北海道らしく  私たちは、リフォーム、リノベーション、新築、どんな工事でも決して、手を抜くことはしません!何故なら、建物大好き人間の集団、建てヲタ軍団だからです!

こんにちは、家君、昨夜は眠れた?

「・・・・・・・・・・・」

良かったね、工事が長くて疲れたからだね
ごめんね

昨日は、全般的な説明をしたけど
今日は、家君にどういう事をして治したか
その説明をしよう

「・・・・・・・・・・」

分ったよどんなに綺麗になったかは、
後の楽しみにしよう、いいよね

「・・・・・・・・・・」

ありがとう、じゃあ説明するよ



1.JPG



2.JPG



外側は今職人さんが少ない頑丈な壁モルタルだったんだ
まだ何十年ももつよ
だからこれはしっかり残さないと、と思ったんだよ

「・・・・・・・・・・・」

うん、ただ内側は、柱、梁、断熱気密を強くしたかったから
壁とかは全部外したよ、だから今暖かくて骨の痛いところが
無いはずなんだ


正面のばってんに見える木はすじかいって言うんだよ



3.JPG



これがあるから家君の体に無理がこないんだよ

「・・・・・・・・・・・」

そうでしょう、いえいえ、お礼はオーナーさんに言ってね

木もいっぱい使ったよ、細い木が多かったからね



4.JPG



細い木の補強とか足りなかったところとかいっぱいね

「・・・・・・・・・」

そうだよ、前は床がぼんぼんしてたよね




家君をもっと強くしようと思って秘密兵器も使ったよ



5.JPG

6.JPG

7.JPG



家君が生まれたときは、ただ木と木を差し込む程度だったけど
それ+こういった補強金物を使ったんだよ
だから新築と比べても何にも心配いらないからね



あっ、家君もうこんな時間だ、行かなくちゃ

「・・・・・・・・・・・・・」

大丈夫だから
毎日来るのは、あと2回ぐらいかな

「・・・・・・・・・・・・」

それも又明日説明するよ
心配しないでね

じゃあ、又明日ね・・・・・・・・・・バイバイ



by osamu urasaki
posted by プランニングAI at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年12月10日

北海道らしく  私たちは、昔の家は大切な資源だと考えております。三十年以上の家でもまだまだ使えると思っています。そして、北海道の家は自然との一体感も兼ね備えた独特の文化だと思います。これからも北海道の情緒を大切に、ヴィンテージホーム・ヴィンテージリノベーション、造り続けていきたいと思っています。

こんにちは、家君(^^)

昨日と比べてどう?
足場も取れて、すっきりしたね。



そうだ昨日、今日出来上がるって
言ってたけど、前どんなんだったか
覚えてるかい



1.JPG



こんなに古くなってたんだよ
でもね僕らが頑張って、みんなで
直したんだ



7.jpg




ど〜おっ、気に入ってくれたかい?
赤い屋根が雪原に映えて、壁の茶色も
かっこいいね(^^)



そうだ階段は残して綺麗にしたって
言ったけど前はね

2.JPG



こうなってたんだけど



今はね、

3.jpg



かっこいいでしょ。
ありがとう、でもね前から
素敵な階段だったんだよ



今はね、LDKって言って
台所と、食堂、居間が一つになってる家が殆どなんだ

新しいひとが使いやすくなるんだ



家君も空気がよどまずに、もっともっと
綺麗な空気が流れ込んで長生きできるんだよ



4.JPG


5.jpg


6.jpg



ごめんね家君
今日はもう帰らないといけない
心配しないで、また明日来るから
じゃあね


by osamu urasaki












posted by プランニングAI at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年10月01日

建物放浪記〜番外編〜

皆さんこんにちは、浦ア 修です。


出来るだけシンプルに・・・

1 (1).jpg



直線の美

1 (13).jpg

1 (11).jpg





そして・・・









































曲線の美

1001.jpg

posted by プランニングAI at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年07月16日

建物放浪記6


私が家をデザインする理由は、
企画住宅だと個性に限界を感じるからです。



1 (1).JPG

平成26年7月、この1枚の写真を見ました。
直ぐ見に行きました。
何がいいとは言えないんですが、
バランスといい、誰しもが持つモダニズムへの回顧といいますか、
すごく落ち着きます。


1 (2).JPG

ついでにもう一件。ここも良い。
畳をフロアーに、障子の紙を剥がし、照明のみの演出。

1 (3).JPG

庭はそのままパーティーが出来そう。
雰囲気があります、良い感じの田舎です。
これぐらいインパクトがあると取材も助かります。


1(4).jpg

造ってみると何故か落ち着くんです。
優しく包み込んでくれます。



1 (5).JPG

キャットウォークのような階段で
脂肪を燃やしましたので

1 (6).jpg

脂肪補給です。
posted by プランニングAI at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年06月19日

建物放浪記5

皆さん、こんにちは
浦崎 修です

2012年6月

知覧へ
まずは特攻記念館に来て見ましたが・・・・重過ぎる
撮れません、書けません、すみません

お茶を飲んで気分を入れ替えて

武家屋敷群の手前に石造りの眼鏡橋がありました
超ふるそうです。

1 (1).JPG

専務に先に渡ってもらいました
「向こう側から大丈夫ですよ〜」(^^)
(‐‐;別の橋を渡りました


武家屋敷群の真ん中、私には迷路です

1 (2).JPG

植え込みもきれいに手入れされて、
観たことがない造形です


数百年を経ても住み続けられるわけは?

1 (3).JPG

メンテナンスがしっかりとされていて
それをしっかり引き継ぎ続けている

1 (4).JPG

だから家がどんどん良くなっていく


内部、床の間です

1 (5).JPG

良い感じのバランス、トーン、派手ではない御洒落
天井は「刺す天」部屋を引き締めてくれてる効果があります


全ての家の庭が美しい

1 (6).JPG

こんな庭がいっぱい
家造りの殆どが本人も含め(職人、材料)現地調達です


帰りがけ例の橋が・・

1(7).JPG

となりで「大丈夫ですよ〜」(^^)
(‐‐;別の橋を渡りました

                楽天主義
posted by プランニングAI at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年06月15日

建物放浪記4

皆さん、こんにちは!

磯庭園、続きです

1.jpg-a.jpg

斜め向かいの洋館です



エントランス、しびれます

2.jpg-a.jpg

写真片手に造ったと思えない



内部ですが特徴的なのは四方サンルーム(縁側)で囲ってます

3.jpg-a.jpg

暑くないかな〜って??...  暑くないんです!



どこかで観たことありませんか?

4.jpg-a.jpg

この良い感じの明るさ・・・これなら涼しい
内側に適度に壁を設けて光を遮り採光の調整をしながら
南側の光の入り加減で時間帯も分る仕組みです



さて問題です!

これ建物の何か解りますか?

5.jpg-a.jpg

解ったらすごい\(◎o◎)/!
解答をお待ちしております
見事正解の方には、浦崎が、もれなく素敵な粗品進呈します



西側のホールにドンと畳をダイナミックに
土台付きで置いて飾りも何もありません

6.jpg-a.jpg

「大工のどうだーっ」て言う声が聞こえました



鹿児島で有名な、のぼるらーめん

7.jpg-a.jpg

マOOエキスが入ってます おいしくいただきました



夕方から専務が「天文館♪天文館♪天文館♪」
(‐‐;エキスが効いてきました。仕方がない


どちらから  いらっしゃいましたか〜?(鹿児島訛り)



  (^−^) 




(OO)(OO)ほっほっ北海道です〜 (ソプラノ)


                   楽天主義
posted by プランニングAI at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年06月08日

建物放浪記B

皆さん、こんにちは。

建物放浪記〜種子島編〜の続きです。


これから種子島から鹿児島に向かいます。

1.jpg

見送りに来てくれたのは・・・妹です!!!


まずは、西郷どんの墓参り。

2.JPG

この墓は、めずらしく墓自体が神社になってるんです。
鹿児島のパワースポットとしても有名です。



次に、磯庭園に来ました。
島津家代々の私邸です。

3.JPG

すご〜くビュウティフルな庭を通り、
本命の邸宅へ・・・

4.JPG

え〜!撮影禁止・・・仕方ない・・・
私が怪しいんでしょうか?
案内人がぴったり離れません。
すると、「ここは撮っていいですよ」と案内人。
「いいんですか?」(T_T)

5.JPG

この時はゲリラでした。残念です。

桜島に日が昇って日が暮れるまで
中庭を照らし続け、
時間の流れも分かる仕組み。
ぐるりと縁側が囲んで、どこから見ても美しいです。


外国からのお客様も多かったようです。

6.JPG

外国人の宿用に、鹿児島の宮大工が
外国の建物の写真片手に作り上げた洋館です。



専務は武器を手に入れて御満悦のようです。

7.JPG

誰と戦うんでしょうか・・・・・?

                 楽天主義
posted by プランニングAI at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年06月05日

建物放浪記A

皆様こんにちは。浦アです。

私は種子島出身です。
なぜ北海道で工務店をやってるかというと・・・
気づいたらこうなってました。

そこで、今回の建物放浪記は種子島です。

私の生まれ育った港は入り江になっていて外海からは見えません、
天然の良港です。

1 (1).JPG
この人は専務です。



1 (2).JPG

月窓邸にやって来ました。

1 (3).JPG


砂糖、鉄、鮫皮などの貿易で成り立っていました、
いわゆる大もうけをした家老さんの家です。

1 (4).JPG

1 (5).JPG

1 (6).JPG

外の明るさの割に家の中が薄暗く感じます。
これは意図的に軒を延ばし、日陰を作り、家の中を夏快適に過ごせる工夫です。
種子島だけではありません、各地で見られる家のつくり(緩衝空間)です。


やっぱり種子島といえばロケットです。
宇宙に行ってみると・・・

1 (7).JPG

母がいました。


                                  楽天主義
posted by プランニングAI at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記

2015年06月01日

建物放浪記@

皆様こんにちは。浦ア 修です。

これから、「建物放浪記」ということで
たまにこうして建物の旅レポートを書いていきたいと思います。


第一弾は、〜北陸甲信越 金沢東茶屋街〜


裏路地で知り合ったマイケルさんという方に頼み込み、
ふる〜い、一軒の古民家へ案内してもらいました。

2.jpg

マイケルのお友達の、おばあちゃんのおうちです。
南向きの家を最大限活かしています。

IXK2LYS6.jpg

4.jpg

7.jpg

本物の真壁構造、漆喰 土間・・・ナイスです。


ガラス戸もものすごくオシャレです。

5.jpg

ガラスの割付とガラスは揺らぎが見えますので、手づくりです。

6.jpg

「いつ頃の建具使ってるの?」と聞いたところ、
「嫁に来た頃には、もう古かった」そうです。


ものすごく長い時間滞在し、マイケルさんに迷惑をかけたまま(^_^;)
失礼して裏路地へ・・・

9.jpg

かわいい洋館が建っていました。

金沢東茶屋街、裏路地オススメです(^^)

                   マイケルさんに捧ぐ




posted by プランニングAI at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記