2016年10月20日

ひじり野ヴィンテージホームお引き渡しになります。

ヴィンテージとはもともとワインの用語で葡萄の収穫から瓶詰めするまでの工程を指す言葉です。
IMG_5932.JPG

それがワインの当たり年を指す言葉になり今では広く価値の高いものを指すようになりました。

日本の住宅文化にもそれがあってもいいはずだと思い、洋館仕立ての和洋折衷住宅を「ヴィンテージ・ホーム」と名付け発表しました。

このモデルハウスは2棟目ですが、しっかりと気づいたことがあります。
IMG_6369.JPG

お客様は体験を買っているということです。
僕はいつも言ってますが、お家を買うんではなくて、お家を買ってそこで幸せに暮らすという体験を欲しがっているということです。
IMG_6373.JPG
どんなお家を建てたって幸せに暮らすことができなければそれは無意味なことです。
IMG_6380.JPG
くどいですがお家だけじゃなくてそこに暮らす家族の幸せをです。
IMG_6369.JPG
言いたいことです。
スペックやビジュアルは当たり前!!
僕たちは仕合わせという体験を売っていきたいと思います。





購入いただいたお客様へ
本当にありがとうございます。
全力でバックアップさせていただきます。
どうぞ末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。
posted by プランニングAI at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | うらちゃんこと、浦崎修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177330320
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック