2016年08月03日

拘りを持って数多く細かく知ることが大切だと思います。

当たり前のことですがデザインは何でも物を作る時に必要とされるものです。
IMG_4697.JPG
柱がいるから柱を立てる、空気抜きが必要だから回転窓を付ける。
シンプルに考えた構造には構造美が付いてくると思います。

細かいですが、この本棚を支えているブラケットです。
見えますかね?
最初見た時に華奢に見えて大丈夫かなと思ったんです。

見て触ってみると初めて、シンプルですが鋼鉄だと判りました。

製作業者を探しましたがなかなか見つからず、ある展示会でやっと見つけたんです。
IMG_5485.JPG

違うように見えるかもしれませんがこれです。
それは壁に取り付ける部分が埋め込まれてないから同じに見えないんです。

理由があると思いますが、取り付け板がむき出しのところを最近よく目にするようになってきました。

きっとこのブラケットが出回り始めたんだと思います。

出来上がった壁にそのままビスで取り付けるのは簡単ですが僕は必ず埋め込んで棚を取り付けるんです。

手間はかかりますけどその方が美しく観えると思うからです。
IMG_5167.JPG

最初の写真同様に強固で美しい棚が出来上がります。
ちょっとでも妥協すると、もうガッタンガッタン(笑)

言いたいことです。
デザイン系インテリア系を目指す方も、どんな小さなことでも拘りを持って、工事の事も販売や製品も深く細かく知ることが本当に大切だと思います。

posted by プランニングAI at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | うらちゃんこと、浦崎修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176339888
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック