2016年07月11日

京都で沈黙(笑ー。

五重塔はなぜ心柱一本で何百年ももつのか?
東京のついでに京都ではなく色々あって大阪に行きました。
IMG_4999.JPG
グッチこと山口の克っちゃんに仕事を中断させ、もう一人ゆうこりんにも仕事をぶち切って付き合わせてしまいました勝ち誇り
金閣寺に行ったのは銀がいい?それとも金?やっぱり金でしょう!!
金閣寺になりました(笑ー。

さて東寺の五重塔です
IMG_4977.JPG

中がなかなか見れません・・m(._.)m。
心柱の接ぎ手が見れなーいと思いつつ周りを歩いてみたら・・
IMG_4974.JPG

全てが判明しかもCAD・・沈黙
IMG_4972.JPG
これだけの構造物が数百年もつのかですが殆ど全てが継手で組み合わされているということも一つですが、一階部分の四方を太い檜で上下縛るようにしかも継手構造で縛ってるんですね、これは一階部分の頑強さで持ってる建物なんです。
地震が多いところなので心柱が揺れることによって、ゆる〜い継手の造りが有効なのです。
三百年ぐらい前に建て替えられたことも判明・・沈黙

遊んじゃえー。
IMG_5001.JPG
まあ後は面白かったので適当に遊びましたー。
以上現場からでしたー!
(笑ーー。



posted by プランニングAI at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | うらちゃんこと、浦崎修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176027017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック