2015年12月11日

北海道らしく  私たちは、リフォーム、リノベーション、新築、どんな工事でも決して、手を抜くことはしません!何故なら、建物大好き人間の集団、建てヲタ軍団だからです!

こんにちは、家君、昨夜は眠れた?

「・・・・・・・・・・・」

良かったね、工事が長くて疲れたからだね
ごめんね

昨日は、全般的な説明をしたけど
今日は、家君にどういう事をして治したか
その説明をしよう

「・・・・・・・・・・」

分ったよどんなに綺麗になったかは、
後の楽しみにしよう、いいよね

「・・・・・・・・・・」

ありがとう、じゃあ説明するよ



1.JPG



2.JPG



外側は今職人さんが少ない頑丈な壁モルタルだったんだ
まだ何十年ももつよ
だからこれはしっかり残さないと、と思ったんだよ

「・・・・・・・・・・・」

うん、ただ内側は、柱、梁、断熱気密を強くしたかったから
壁とかは全部外したよ、だから今暖かくて骨の痛いところが
無いはずなんだ


正面のばってんに見える木はすじかいって言うんだよ



3.JPG



これがあるから家君の体に無理がこないんだよ

「・・・・・・・・・・・」

そうでしょう、いえいえ、お礼はオーナーさんに言ってね

木もいっぱい使ったよ、細い木が多かったからね



4.JPG



細い木の補強とか足りなかったところとかいっぱいね

「・・・・・・・・・」

そうだよ、前は床がぼんぼんしてたよね




家君をもっと強くしようと思って秘密兵器も使ったよ



5.JPG

6.JPG

7.JPG



家君が生まれたときは、ただ木と木を差し込む程度だったけど
それ+こういった補強金物を使ったんだよ
だから新築と比べても何にも心配いらないからね



あっ、家君もうこんな時間だ、行かなくちゃ

「・・・・・・・・・・・・・」

大丈夫だから
毎日来るのは、あと2回ぐらいかな

「・・・・・・・・・・・・」

それも又明日説明するよ
心配しないでね

じゃあ、又明日ね・・・・・・・・・・バイバイ



by osamu urasaki
posted by プランニングAI at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169706832
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック