2015年12月10日

北海道らしく  私たちは、昔の家は大切な資源だと考えております。三十年以上の家でもまだまだ使えると思っています。そして、北海道の家は自然との一体感も兼ね備えた独特の文化だと思います。これからも北海道の情緒を大切に、ヴィンテージホーム・ヴィンテージリノベーション、造り続けていきたいと思っています。

こんにちは、家君(^^)

昨日と比べてどう?
足場も取れて、すっきりしたね。



そうだ昨日、今日出来上がるって
言ってたけど、前どんなんだったか
覚えてるかい



1.JPG



こんなに古くなってたんだよ
でもね僕らが頑張って、みんなで
直したんだ



7.jpg




ど〜おっ、気に入ってくれたかい?
赤い屋根が雪原に映えて、壁の茶色も
かっこいいね(^^)



そうだ階段は残して綺麗にしたって
言ったけど前はね

2.JPG



こうなってたんだけど



今はね、

3.jpg



かっこいいでしょ。
ありがとう、でもね前から
素敵な階段だったんだよ



今はね、LDKって言って
台所と、食堂、居間が一つになってる家が殆どなんだ

新しいひとが使いやすくなるんだ



家君も空気がよどまずに、もっともっと
綺麗な空気が流れ込んで長生きできるんだよ



4.JPG


5.jpg


6.jpg



ごめんね家君
今日はもう帰らないといけない
心配しないで、また明日来るから
じゃあね


by osamu urasaki












posted by プランニングAI at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169633712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック