2015年07月16日

建物放浪記6


私が家をデザインする理由は、
企画住宅だと個性に限界を感じるからです。



1 (1).JPG

平成26年7月、この1枚の写真を見ました。
直ぐ見に行きました。
何がいいとは言えないんですが、
バランスといい、誰しもが持つモダニズムへの回顧といいますか、
すごく落ち着きます。


1 (2).JPG

ついでにもう一件。ここも良い。
畳をフロアーに、障子の紙を剥がし、照明のみの演出。

1 (3).JPG

庭はそのままパーティーが出来そう。
雰囲気があります、良い感じの田舎です。
これぐらいインパクトがあると取材も助かります。


1(4).jpg

造ってみると何故か落ち着くんです。
優しく包み込んでくれます。



1 (5).JPG

キャットウォークのような階段で
脂肪を燃やしましたので

1 (6).jpg

脂肪補給です。
posted by プランニングAI at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物放浪記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/153021182
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック