2016年09月05日

新しい仕事には理由を考えて〜と、誰が住むの、どんな家族構成、乗ってる車や趣味嗜好とかできるだけ細かく、今回は「昔懐かし、あら嬉し家」

今日は、朝から新しいコンセプトのお家を考えています。

住宅デザインのやり方は色々あると思いますが、それが失敗するんじゃないかとか、そんなことはボク一切考えず、面白い楽しいかどうかだけ、コンセプトは明確であればあるほど、僕らも直感で行けるし、お客様は迷わないから

お家造りの終着点を共有しておきたいからです。

これは、本当に一番最初の白紙のようなものでして、これにどんどん色がのって行きます。
IMG_5967.JPG
そうすると僕たちもイメージが膨らんできて、お客様も一緒にお家造りに参加できるからです。
昔は聞き取っては、書き直して持って行くの連続でしたが目の前でどんどん理想が出来上がっていくこの方法は。お客様には間違いのない方法だと思っています。

誤解のないようにお願いしたいのですが、ここでつくるパースは概ねで間違えないためのものです。

最終チェックは手書きでお客様に提出させてもらってます。

今日言いたいことです。
業者がお客様に言った言わないは、言わない!

posted by プランニングAI at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | うらちゃんこと、浦崎修